ヒフミドとエトヴォスのセラミディアルモイスチャーの違いを比較してみた!選び方は?

ヒフミドとエトヴォスのセラミディアルモイスチャーの違いを比較してみた!選び方は?

美しい肌になるためには、セラミドが欠かせませんよね。

セラミドは、肌の保水力の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

セラミドが入っている化粧水や美容液を毎日のお手入れに使われている方も多いのではないでしょうか。

しかし一言にセラミドと言いましても、実はいくつか種類があります。

それぞれ保湿の働きかけが異なります。

セラミドは、天然・ヒト型・植物性・合成の4つがあり、スキンケア商品に配合するセラミドではヒト型が良いですね。

他のものと比べて保水力がとても高いです。

刺激も少ないので、化粧品にはヒト型が良いです。

このヒト型セラミドが入っているアイテムで特に良いなと思うものは「ヒフミド」と「セラミディアルモイスチャー」です。

どちらも保水力が高いので、特に乾燥が気になる季節のお肌の対策に向いていると思いますが、両方を同時には使えませんので、どちらかを選ぶわけですが、どちらが良いかわからないので2つのアイテムを詳しく調べてみました。

◆まずヒフミドです。

このアイテムには、ヒト型セラミドが4パーセントも入っています。

肌の弾力アップやハリ感アップを助けてくれます。

更にヒト型セラミドの中でもセラミド1,2,3と3つの種類のセラミドが入っている点にも注目です。

セラミド1は、肌のバリア機能を維持してくれるために大切です。

セラミド2と3は、保湿の働きが高いです。

皮膚の奥の乾漆層にあるセラミドの中で、セラミド1,2,3は特に重要と言われていて、それをヒフミドで補うことで強力に保湿できるのですね。

◆続いて、エトヴォスのセラミディアルモイスチャーです。

エトヴォスのセラミディアルモイスチャーは、セラミド1,2,3,5,6((監))と5つもの種類が入っています。

セラミド5は、肌のバリア機能を助けてくれて、セラミド6((監))は、水分を保持する力、そして肌のターンオーバーを促してくれます。

シワを不作する働きかけも期待できます。

セラミドの力を存分に実感できそうですね。

それぞれの特徴は以上となります。

さて、どちらを選ぶか決まったでしょうか。

ヒフミドは、肌に特に大切であるセラミド3つの種類が4パーセントも入っていて、セラミディアルモイスチャーは、ヒト型セラミドのほとんどが入っているアイテムとなります。

どちらも商品もヒト型セラミドが入っているわけですが、その中の細かい種類や入っている割合が異なりますし、実際に使った感覚などもそれぞれ違うので好みもあると思います。

どちらもお試しのセットがありますので、気になる方から順番に使ってみるのも良いですね。

お試しのセットは、どちらの商品も公式サイトからの購入が可能となっており、送料無料や特典付き等お得になっています。

両方を試してみて、より自分の肌に合う方を見付けてください。

まずは、コスパ重視で選ぶのも良いと思いますし、内容重視で選ぶのも良いと思います。

2つのアイテムでセラミドの働きをたっぷり味わってください。

それぞれの詳しい体験や口コミ記事をじっくりどうぞ。
ヒフミドセラミドで保湿力アップで潤う美肌になった

エトヴォスのセラミディアルモイスチャーの口コミ効果!

us

関連記事: